むち打ち症でお悩みの方へ

むち打ち症の正式名は、「外傷性頸部症候群」や「頸部捻挫」などです。

むち打ち症は首の正常な可動域を超えてしまうことで、首や背中・腰の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首・背中・腰の痛み、腫れぼったさ、違和感や運動痛などが現れることです。

さらに、強い首や腰の痛みによって事故当初は気付かなかったけれど、後々になって発生するのが、肩から腕の痛み、股関節から膝の痛みです。

シートベルトやエアバックによって、命を落とすようなけがは減少しましたが、一方でそのエアバックやシートベルトにぶつかったり、圧迫されたり、握っていたハンドルや踏んでいたアクセル・ブレーキを通じて受ける間接的な衝撃による、手足のけがによる痛みも実は少なくありません。

これらの痛みは「首からくるもの」などと当初のように黙認されることで、初期施術が遅れ、施術後期になっても独立した痛みや違和感として残ることがあります。

左側の首や腰を痛めた場合、多くは同じ左側の手足の筋肉などを損傷していることも多いので、病院での所見時や保険会社に連絡をする前に、一度確認してください。

むち打ち症の症状と分類

車の追突等の交通事故により生じることが多いむち打ち症ですが、体操やスノーボードなどの高いジャンプや宙返りの着地失敗、ラグビーや格闘技などのコンタクトスポーツの際にもむち打ち症になることがあります。
頚椎捻挫型 首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きます。
神経根症状型 頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下などが起きます。
バレ・リュウ症候群型後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労などが起こります。