足底腱膜炎の改善について

足底腱膜炎の改善について

足底腱膜炎の改善に強い当院のヒミツをご紹介 

 

歩いていると踏み込む度に足の裏にビリッと痛みが!

  • ランニング中に足の裏が痛んできた
  • ジャンプのし過ぎで足の裏が傷んできた
  • 何となく足の裏が気になって押してみたら凄く痛かった
  • 休日に山登りをしてきたら翌日から足の裏が痛み出した
  • 慣れない靴で歩いていたら足の裏が痛くなってきた

これらに当てはまってお悩みがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

足底腱膜炎の原因

足底腱膜炎を引き起こす原因は以下のようなものがあります。

ランニングやジャンプのオーバーユース(使いすぎ)

スポーツによって足を酷使する際にクッションの役割を果たしている足の裏の土踏まずに過剰負担がかかり炎症を引き起こして痛みが発生致します。

 

慣れない靴やサンダルでの立ち作業や歩行

足の裏の土踏まずは掃き慣れない靴やサンダルを使用する事で負担が増加します。そのまま立ち作業したり歩き続けると足の裏に炎症を引き起こして痛みが発生致します。

普段はあまりしない外出や移動

休日に山登りをする、一日移動しながら買い物する等、普段行わない行動をすると足にかかる負担が急速に増して足の裏に炎症を引き起こして痛みが発生する事がございます。

 

猫背等不良姿勢による歩行フォーム不良

猫背の方は足が摺り足歩行やちょこちょこ歩き等になりやすく、これらの歩き方は膝から足元の負担を増加させる為、足の裏への炎症を引き起こす原因になることがございます。

 

本来負担を減少させる為の土踏まずですが、使いすぎて許容範囲を超えると軽減させられなくなった負荷がふくらはぎを痛めます。ふくらはぎが痛み筋肉が硬くなると踵を介して土踏まずにかかる負荷が悪循環で増加し、炎症を引き起こしてしまうのです。

 

 

 

 

ご安心下さい!当院が足底腱膜炎からあなたを救います!

足底腱膜炎は足の指と踵をつなぐ筋肉が一部又は複数痛んでいるので患部の詳細を見極め、スポーツアスリートも利用されている超音波やマイクロカレント等の理学療法、関連の高いふくらはぎにも施術を施します。更に足、股関節等の関節矯正によるフォーム改善や、土踏まずを安定させる足底板ys患部を固定するテーピング等を用いて早期回復を目指します。

 

 

 

思い切り走れない、歩いているのが日々辛いと悩まなくてももう大丈夫です。

当院にはその痛みを改善できる技術があります。一度ご相談下さい。