ホーム > 交通事故の痛み

交通事故の痛み

交通事故の痛み
ご存じでしたか?
交通事故被害の痛みは、整骨院で診療することができるんです。
事故被害にあったら、まずは春日整骨院にご相談ください


交通事故被害は、つらい痛みが続いてしまい気分的にも落ち込んでしまいます。
春日整骨院では、むちうち症や頭痛など交通事故後遺症でお悩みの患者さんに、
楽になっていただけるような施術を行っています。

レントゲンを撮ったら異常なしといわれたのに、痛みがとれないという方に
むちうち症でお悩みの方に
事故以来、原因不明の頭痛が続いて不安な方に
ぶつかった衝撃で腰に痛みが生じている方に


交通事故被害者の方の場合、ご自分でも気づかない故障が残ってしまっていることがあります。
しっかりと骨格と筋肉の状態を確認して、後々に、支障が残らないようにすることが大切です。

春日整骨院は

春日整骨院は

夜遅く(平日は20:30)までの診療
土曜・祝日も診療
超音波・ハイボルト・微弱電流等の特殊施術を積極的使用
特別整体法も組み合わせてた早期回復プログラム




お仕事でお忙しい方も「通える」体制で、
回復を体感できる特別プログラムにて
交通事故被害者の皆様の痛みに取り組みます。

交通事故被害の症状

むちうち症

交通事故でいちばん多い症例です。頚椎が捻挫している状態で骨を支えている筋肉に予期せぬ衝撃を受けたことで、筋肉組織が痛んでしまったためにバランスが崩れています。通常、整形外科では事故後すぐの施術は行わずに首を固定しますが、当院では最初から痛みを取りのぞく施術を理学療法と手技にて行います。

突き上げ損傷

ひじの部分などが痛む症状です。ぶつかった衝撃でひじを傷めてしまっています。関節を支えている筋肉の緊張をほぐすことやテーピングにより痛みを緩和します。

本人が気づかない損傷

一定の方向に衝撃を受けますので、痛みを感じる部分以外にも同じ方向に筋肉が動いてしまっています。全身の状態を確認することで痛みを解きほぐしていきます。

交通事故の損傷を早期に発見し、しっかりとケアします。
早めにご来院ください。

万が一事故にあったら

万が一事故にあったら

1 相手の名前・連絡先・車種・ナンバー等を控えます。
  (事故後すぐ必ず行って下さい。ひき逃げ予防になります。)

 春日整骨院にご連絡ください。事故後の状況を伺い今後の患者様のフォローをいたします。
  その場で示談したり、相手のペースに振りまわされたり等のトラブルを起こさぬようにしてください。
  また加害者の場合は決して逃げ出したりしないでください。

  状況が整理できたら自身で加入している保険会社に事故にあった事を連絡しましょう。

  

 警察に連絡し,人身事故の手続きをしましょう
  (近年では物損でも可能なケースがありますが、ケガの症状がごく軽微の時を除き人身のほうが良いです)

 病院(整形外科)で痛いところ(ぶつかった所や、捻ったところ、他気になる所全て)を
  検査(レントゲン診断等)してもらいましょう。
  ※何処へ行っていいかわからない場合、当院に一度ご相談ください
  また日数が経過した後に別の所に症状が出たと訴えも保証の対象になりません

  気になる部位は必ず診察してもらって下さい。

交通事故施術のながれ

事故の衝撃により筋肉や関節には目に見えませんが、小さな傷や炎症・腫脹が出現していますので、施術は症状に応じて変化させていきます。

初期
初期

主な症状 強い痛みや腫れぼったさ、高度の違和感や痺れを主訴とし筋肉や関節運動時にも出現する為、日常生活や就労が不可もしくは多大な制限、困難な状況である。

施術方法
強いマッサージや電気での施術は避けて、刺激を感じない微弱電流による施術や、軽摩を主体としたマッサージ、テーピングや装具・バンド等の固定療法用いて急性の炎症や筋損傷の回復を図ります。
また安静でいる事を主体とし体に負担をかける事を極力避けるよう指導することもあります。
受傷後から1週~1ヵ月位までの方に行っています。

中期
中期

主な症状 強い痛みの軽減に伴い、重だるさや、中度の違和感・一定の関節運動や作業による症状の出現となります。日常生活や就労も軽度はこなせるようになります。

施術方法
炎症・腫脹による痛みの軽減を確認しながら、軽度マッサージやストレッチ療法を追加します。
また電気療法も出力を少し上げるなどステップアップします。固定は症状や生活や就労状況しだいで、はずす時間を増やし元の生活に慣らしていきます。

後期
後期

日常生活動作が一通りこなせるようになってくるが、就労負担や、今まで庇っていた、避けていた作業や運動をすることにより症状の出現がまだみられる、という時期です。

施術方法
炎症の出現がなければ、マッサージ・ストレッチ・関節運動は特別整体法等を積極的に取り入れ、関節可動域制限や筋肉緊張をとる施術を主として行います。
自宅でのストレッチ指導や運動指導等も行いゴールを目指します。

施術期間について

施術期間は個人差がありますが、やはり通常のケガよりも、症状が重く、長く続く可能性が高いので1~3カ月はしっかりと加療することをお勧めしています。(月に1~2回の医師による定期診断もお願い致します。)
初期から中期に移行する時期(おおよそ1カ月目前後)には「もういいかな!」と思えるくらいに感じる時期があります。
しかしそれは「ゴール」ではなく「通過点」です。初期の強い痛みや腫れのような症状が治まる為、落差で治ったかのような一種の錯覚が起きているだけです。治ったと思えた翌日にまた痛みが出てくることはよくあります。実際に関節の運動痛テストによる陽性は出現しますので焦りは禁物です。

3か月程度経過後も痛みや不調が続く場合には医師による定期診断等を行いながら、もう1~2カ月加療していきます。経過は慎重に見ていった方がよいでしょう。


※施術とは整骨院における治療に相当する技術です

春日整骨院 責任者 院長 小堀竜也 ホームページを見たとお伝えください 電話番号は029-852-1186